TEL LINE

産後の腰痛 | 新潟市・整骨院・整体

お問い合わせはこちら

産後の腰痛

産後の多くの方が悩まされる腰痛ですが原因は何なのでしょうか?

妊娠中から痛みが続く、産後すぐに痛みが出てきた、産後数カ月たってから痛みが出るものまで腰痛の発生時期は一人一人違います。

原因は何なのか

妊娠中の体勢、骨盤の広がり

妊娠中は赤ちゃんが入るためのスペースを作るためにホルモンの影響で骨盤の靭帯、筋肉がゆるんだ状態が出来上がり徐々に骨盤が広がってきますので、この影響もあります。

またお腹が大きくなってくるため腰が反ってしまった状態で歩かなくてはいけない事も腰に負担をかけて腰痛が出やすくなる原因となります。

産後の骨盤が戻り切らない

産後に出てきた腰痛としては出産で広がってしまった骨盤が元に戻り切らずにグラグラと安定感がなくなってしまっている為に起きてきます、歩行時やたっている時に骨盤が安定しない、グラグラすると感じる方の場合はこのタイプが多くなります。

筋力の低下

妊娠中にあまり運動をしなくなるために腰やお腹、足の筋力が低下してしまい体が支えられず安定しない、体の筋力にアンバランスが出てしまい体が歪んでしまって痛みが続いてしまっている。骨盤を矯正するだけでなく筋力トレーニングなどを同時に行う方が効果的です。

育児での姿勢不良

抱っこや授乳などで悪い姿勢が体にくせとしてついてしまい骨盤の傾きがおかしくなってしまっていたり、長時間の抱っこによって筋肉が疲労してしまい痛みが出てしまう状態などがあります。骨盤の向きがおかしくなってしまっていたり、骨盤の捻じれが起きてしまっていることが多々あります。

骨盤を矯正する

産後の骨盤の開きだけでなく、骨盤の傾き、骨盤の捻じれなどをしっかりと早めに矯正していく事で腰痛が早く落ち着いてきます。骨盤を矯正しながら、自宅では体の状態にあったトレーニングやストレッチなどが有効です。

産後の骨盤矯正、骨盤矯正なら新潟市江南区天野のぐり整骨院へご相談ください。