TEL LINE

座骨神経痛 | 新潟市・整骨院・整体

お問い合わせはこちら

座骨神経痛とは

骨と骨は関節でつながっていて関節の間には神経が通っています、この神経が筋肉で圧迫されたり、骨が神経に触れてしまうことで神経痛が発症します。座骨神経痛の症状のとしては痛み、しびれなどが代表的ですが人によっては熱感、冷たく感じる、チクチクするなど、様々な症状が現れます。このような症状が坐骨神経痛の場合には腰、お尻、ももの後ろ、ふくらはぎ、足先にまで出る時があります。

座骨神経痛の原因

腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管という部分が加齢などの理由で狭くなり、神経を圧迫することで座骨神経痛の症状が出ます。老化により背骨の変形が起こることで、脊柱管が狭くなり起こります。

脊柱管狭窄症の特有の症状として間欠性跛行と言われるものがあります。
少し歩くと痛みや痺れが足やお尻に出てしまい、前屈みで少し休むと再び歩くことができるようになるという症状です。長く症状が続くことで歩くことが困難になり、運動不足などでその他の痛みや不調などが出てくることが多くなりますので、早めの対処が重要です。

椎間板ヘルニア

腰の骨の間には椎間板があり、椎間板の中にある髄核という部分が、なんらかの理由で後ろに押し出され、神経を圧迫することで痛みや、痺れを起こします。
症状としては、腰、お尻、足の痛みやしびれが強く出てきます、座っている姿勢や立っている姿勢、どんな姿勢でも痛みが出て来てしまうほど痛みやしびれが強く出ます。
椎間板ヘルニアの場合は、レントゲン検査をすると診断されます、医師の判断により手術を行うのか痛みどめで様子を見るのかが分かれてきます。

痛みどめで様子を見ている場合や、手術はなるべくしたくない場合は当院での施術を行いながら回復するかの判断をしていただければよいかと思います。
無理して我慢せずに早めに治療を受けてください。

梨状筋症候群

お尻の筋肉のうちの一つの梨状筋ですがこの筋肉が硬くなることで筋肉の下に通っている坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が出ます。

症状としては腰の痛みよりもお尻、足の痛み、痺れとして出てきます。

 

施術方法

骨盤の位置を調整することに加えて痛みや、痺れが出なくなる、または少なくなる位置を探しながら施術を行って行きます。痛みや痺れが出なくなる位置があるようでしたら症状が回復する可能性が非常に高いと思います。