TEL LINE

座骨神経痛 | 新潟市・整骨院・整体

お問い合わせはこちら

新潟市で坐骨神経痛にお悩みのかたへ


・ お尻から太ももにかけて痺れ、痛みがある。

・ 常に足に痺れた感じがする

・ 足だけでなく腰にも痛みがある

・ 立っているのが辛い

・ 体の牽引や電気治療をしたが変わらない

・ 中腰や座り姿勢がつらい

このような座骨神経痛の症状でお悩みでしたらお早めに当院にご相談ください

座骨神経痛の原因

座骨神経痛とは腰から足にかけて伸びいている神経が刺激されて辛い症状が出ている状態です。
多くの場合腰痛に引き続いてお尻、太もも、ふくらはぎなどへ痛み、痺れなどの症状が出てきます。
大まかな症状の原因としては下記のような事がよく言われています。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎と腰椎の間にある髄核というクッションの役割をするものが、何らかの原因により押し出され脊柱管の中を通っている神経を圧迫され症状が出てきます。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の神経が通っている脊柱管が老化による背骨の変形が起こることで神経を圧迫してしまい症状が現れます。特徴としては50代以上に多く、歩くとお尻、下半身に痺れや痛みが出てきます、少し前かがみの姿勢で休むとまた歩ける状態(間欠性跛行)が特徴です。

梨状筋症候群

梨状筋とはお尻にある筋肉なのですがこの筋肉の下を坐骨神経がとっています。通常は柔らかい筋肉が何らかの原因で固くなってしまうい神経に負荷がかかることで症状が出てきます。

なぜ症状が長引くのか?

安静にしていれば良くなる、痛い場所を揉んでもらえば大丈夫と考えている方が多いのですが症状が出ている場合には揉みほぐし、安静にしていても症状は変わりません。

坐骨神経痛は体のゆがみや筋肉がカチカチに固くなって神経を圧迫して症状が出ているのですが、その原因となる場所は症状が出ている場所ではない場合もよくありますのでしっかりと原因を探し出すことをしなくてはいけません。

解剖学的な体の構造、神経の走行などを考えて神経がスムーズに動ける体の状態ができていなければいくら筋肉を柔らかくしても意味がないのが症状が長引く原因です。

新潟市ぐり整骨院の坐骨神経痛施術

大前提として手技にによる施術が可能なのかの判断を検査法を使って判断させていただきます。
当院の施術方法は神経が引っかからずにうまく動ける状態を作るように施術を行っていますので
筋肉・神経・骨格への施術で原因を消すことを心がけています
神経は引っ張られる、引っかかったようにうまく動かなくなると痛みや、痺れを出す性質があります。梨状筋症候群でも本当に神経が挟まっている人はわずかな数なのではないかという説もあるくらいなので神経がストレスなく動いてくれるような状態を目指しています。
神経の引っ掛かりやストレスを減らしてあげるには解剖学的に正しい体の状態を目指さなくてはなりませんので、首、背中、骨盤などの状態を整えるような施術を行います、このような骨格の調整をしながら筋肉をほぐすような施術も同時に行っていきます。

施術について

初回の施術はカウンセリング、検査、施術、お会計の流れとなります。

通常の施術よりもお時間がかかりますので約60分ほどかかります。

2回目以降の施術時間は約30分となります。

座骨神経痛の悩みは当院にご相談ください

座骨神経痛は安静にしていても回復するような事はありません。

セルフケアでの体操などもありますが全員に効果があるわけでなく、身体の症状に合わない体操などをしてしまうと逆に悪化してしまうこともあります。運動やストレッチはもちろん大切ですが手技を取り入れた根本的な施術が必要になってきます、当院では痛みの根本改善を目指した施術を行っています。新潟市で座骨神経痛にでお悩みの方は新潟市江南区ぐり整骨院にご相談ください。