TEL LINE

【産後6ヶ月を過ぎてしまったら骨盤矯正はできない】本当のところはどうなのか。 | 新潟市・整骨院・整体

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 産後骨盤矯正 | 新潟市ぐり整骨院・整体院の記事一覧

【産後6ヶ月を過ぎてしまったら骨盤矯正はできない】本当のところはどうなのか。

2023.01.13 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は【産後6ヶ月を過ぎてしまったら骨盤矯正はできない】は本当なのか?というテーマです。

 

産後6ケ月の骨盤どうなる

個人差はありますが産後6ケ月位で妊娠、出産のホルモンの影響は収まると言われています、そのため骨盤周囲の靭帯が元の硬さに戻るため産後の骨盤矯正はできなくなるといわれています。

が!実際には骨盤矯正は可能です!!

そもそも骨盤周りの靭帯はとても強固なもので、妊娠、出産でビヨビヨに伸びているわけではありません、出産できるように妊娠初期から出産に向けて赤ちゃんが出てこれるように変位するため少し柔らかくなっていると考えた方が良いと思います。

このように上記の図のように骨盤周りには様々な組織が存在するため産後6カ月で骨盤矯正ができないのであれば、最初から筋、靭帯の影響で矯正することは不可能だと考えられます。

このような骨盤の状態は産後、未出産は関係なく矯正可能

・骨盤の捻じれ

・骨盤の左右の高さの違い

・反り腰

・受け腰

このような場合いつでも骨盤の矯正は可能です、

この状態の骨盤を【産後6ケ月を過ぎても矯正可能!】とうたってる院がありますが、嘘です!

いつでも矯正できますから騙されないでくださいね!

上記図の下部の反り腰、受け腰は骨盤矯正だけで正常に戻すのは不可能です。

このような場合は下半身、上半身の筋肉、筋力不足が絡み合って起きていますので全身の状態を整えて筋肉を再教育する必要があります。

産後の骨盤の開きは6ヶ月たっても矯正できる?

産後6ヶ月以降は個人差がありますが矯正だけでは難しいのではないかと思います、なぜかといいますと産後の骨盤の開きは出産後にある程度は自然に元の位置に戻っていきますので骨盤は元の位置に戻っている可能性があります。

ちなみに骨盤の開きは上記の図の矢印とは反対方向に動いています、両側の骨盤が内側方向へ動くことで開いている状態になり出産が可能となります。以前にもブログで書いたような気がしますが念のため記載しておきます。

6ヶ月たっても広がって見える場合は

・体重が元に戻っていない

・筋力の低下で位置関係が悪くなっている

・体重は落ちたが体脂肪率が高い

このような可能性が考えられます。

このような場合の骨盤矯正で可能な範囲としましては下半身の循環を良くする、姿勢を整える、関節の可動域をしっかりと出すような施術を行うことになると思います。

そのうえで筋力トレーニング、有酸素運動などを取り入れていくことで変化が起きるのではないでしょうか。

産後6ヶ月以降の体の不調は骨盤矯正?

腰痛、肩こり、首コリ、背中の痛み、股関節、膝の痛み、腱鞘炎など、このような場合は骨盤も大事ですが全身の状態を整える事が必要です。しっかりと身体をいたわってあげてください。

本日は産後6ヶ月の骨盤についてでした、結論は簡単でいつでもOKですという事でした。

【産後に骨盤が出っ張った】原因とは何か?出っ張って見えているのは……

2022.11.15 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は【産後に骨盤が出っ張った】原因とは何かというテーマです。

出産すると骨盤が出っ張る?

よくあるご相談の一つに

「出産後に骨盤が飛び出した」

というご相談です。

前方から見たときに骨盤?骨?が横に飛び出ているように見える、というものです。

これはどういうことなのかといいますと、

大転子という部分の骨が出っ張って見えるためです。

出産して少し体重が落ちると気になる方が増えてきます。

本当に骨が飛び出ているの?

この場合本当に飛び出ていますが、

よく言う「出産で骨盤が開いたから」とだけ言うのは

間違いです!!!!

以前のブログにも書きましたが「骨盤が開く」というのはただ真横に大きく開いているわけではなく出産で骨盤の下部が開くための変化ですので、この変化で大転子が出っ張って見えるようになることはありません。

大転子が出ている原因は?

なぜ大転子が飛び出て見えるのかといいますと

原因として考えられるのは

【お尻の筋力の低下】

【骨盤の前後の傾き】

【骨盤の左右の捻じれ】

この3つ位のかたが多いように思います。

骨盤が原因の場合

骨盤の向きがおかしくなってしまっている場合は上記の図で

「猫背」

「スウェイバック」

などの状態になってしまっていたりすると体の重心がずれてしまっているので立位や歩行時に必然的に膝が伸び切らない状態になってしまうために結果として大転子が飛び出て見えるようになってくることが考えられます。

このような姿勢が良くない事につながっていきますので普段の姿勢から気を付けてみてください。ここまで行くと姿勢を正すだけ元に戻るのは難しくなっていますので

姿勢+骨盤を矯正

筋力トレーニング

の組み合わせをオススメします。

お尻の筋力低下の場合

大転子の問題で最も多いのがこれ!!

産後に気になる理由は

・妊娠中は普段よりも運動量がおちるため

・妊娠中に重心が変化していてお尻の筋肉使えてない

このような原因による事が多くなります。

外にあまり出たくないかたや自宅でどうにかしたい!

このような場合まずは簡単に自宅でエクササイズから

簡単にできそうな運動は上記のような運動から!

本当はしっかりと筋肉を狙った運動が良いのですが自宅でセルフでする場合は運動習慣をつけるとこから頑張りましょう。

1日おきでもよいのでまず1週間頑張ってください、

【筋トレは1日にしてならず】

どなたかが言っていましたがこの通りなのです。

本当は……

・お尻の筋力低下

・骨盤が原因

と分けて記述しましたが本当は2つ一緒で原因となっていると考えるのが正しいです、自宅で何とかしてみたいという方のためにお尻のトレーニングバージョンも記述しました。

姿勢+骨盤矯正+筋力トレーニング

これが大転子部分の出っ張りを戻すために適していて最短ルートとなると思います。

本日は産後の骨盤の出っ張り大転子についてでした。

【産後骨盤矯正とは】何をするものなのか?

2022.10.20 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は【産後骨盤矯正とは】何をするものなのか?というテーマです。

産後骨盤矯正って名前は聞くけど何するの?

ぐり整骨院に来院された方に聞いたイメージでは

・開いた骨盤をしめる

・骨盤の歪みを整える

・産後だから必要だと聞いた

・産後のダイエットに必要

・産後の体の痛みには骨盤矯正が必要

大体このように感じている方が多いですが、

実際ははどれも合っているような、合っていないようなという感じです。

開いた骨盤をしめる?

確かに妊娠から出産にかけて骨盤は開いていきます。

左右の腸骨、仙骨が出産に向けて変位していきます。

妊娠中の腰の痛みや股関節、恥骨痛はこの動きが影響しているためでもあります。

赤い方向に骨盤が動いているから開いてる、と皆さん思っているのですが、実際は赤いとは反対方向で内側に骨盤は変位しています。

産後のダイエットに必要?

【産後骨盤矯正ダイエット】というワードがインターネット上や書籍であるのですが、

大前提として産後骨盤矯正だけでダイエットをするのは不可能です!

産後骨盤矯正をしないと痩せない!

という情報もありますが骨盤を整えて姿勢を整えると体の代謝が上がるという事のようなのですが、確かに正しい姿勢は良いです、しかし正しい姿勢を保つのは筋肉ですので整えただけではよい姿勢は保てません、より重要なのは筋力トレーニングではないでしょうか?

上記の図の正常以外の姿勢になると重心がおかしくなってしまい

・ももの前側が張って太くなったり

・お尻が垂れて見えたり

・筋肉がつかわれにくくなり代謝が上がらない

という事は実際に考えられるのですが、上記のような姿勢を正すのは産後の骨盤矯正ではなく全身の調整、運動の方が重要になってきます。

そのため産後骨盤矯正をすることによるダイエット効果は少ないと思います、ダイエット目的でしたら自宅で運動するかジムへ通った方が有意義だと思います。

産後の体の痛みには骨盤矯正が必要?

腰の痛みがあり仙骨や恥骨の変位がある場合には骨盤の矯正は有効なのではないかと思います。

足の痛み、肩こり、腱鞘炎などでは骨盤矯正も必要かもしれませんが、それよりも体全体の状態や関節、筋肉の動きなどを調整することが必要となってくるのではないかと思います。

結局産後骨盤矯正って何?

産後骨盤矯正は妊娠から出産にかけて起きていた骨盤を出産前の状態に戻すこと

という事になるのですが、

そんなの分かってるよ!!となりますが、

よーく考えなきゃいけない事があります。

・産後の骨盤の変化

➡産後の骨盤は通常の歪みとはことなります、この辺を考えずに施術を行っているところも多いのが実情です。

・妊娠中の姿勢の変化

➡お腹が大きくなると姿勢が変化するため、また育児で抱っこをしていても姿勢が悪くなります。

・下半身の循環は悪くないか

➡妊娠中から下半身の筋肉が硬くなっていたり、循環が悪くなっていることが多くなるので下半身の施術が必要です、ぐり整骨院で産後1ヶ月から施術可能としている理由なのですが、最初は骨盤を矯正するよりも下半身の調整をすることで骨盤を整える施術を行っているためです。実は骨盤に力を加えなくても矯正は可能です。

上記3つ骨盤、姿勢、下半身の問題を整えるのが

私は産後骨盤矯正だと考えています。

骨盤だけではなく全身が整うことで痛みや、悩みのない体に戻るのではないかと思います。

産後は体を整えたうえで筋力トレーニングも重要となります、妊娠中に使っていなかった筋力を使って正しい姿勢の維持、体の不調の予防を行っていきましょう!

【産後の足の違和感】の原因は?産後骨盤矯正で足の違和感に変化は起きるのか?

2022.09.15 | Category: 産後骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は産後のママさんで意外と多いお悩みの一つになります、

【産後の足の違和感】についてです。

産後の足の違和感は骨盤が原因??

「産後に出てきた症状だから骨盤が原因かもしれない」

「骨盤のゆがみが原因と言われた」

産後というとどうしても「骨盤がおかしくなっている!」と思ってしまいがちなのですが、本当に骨盤が原因ですか??

産後の骨盤は確かに安定感が失われていたり、出産時に骨盤の変位があったり、ホルモンの影響を受けていたりしますが、産後に骨盤がゆがんだだけで足の違和感が出てきてしまうというのは考えられないと思います、産前~産後の骨盤の動き方を考えれば足の症状が出るとは想像しにくいです。

足の違和感の原因

産後の足の違和感の原因として考えられるのは

・神経

・血流

・体のアンバランス

この3つが大半を占めるのではないかと思います。

神経が原因となる場合

神経は図のように全て関係して吻合しています、足に向かう神経が腰、股関節などで何らかの原因で動きが悪くなってしまうと足の違和感が出てくることが考えられます、筋肉が硬くなっても神経の動きに制限がかかりますので体全体の神経がスムーズに動いていなくてはなりません。

血流が原因となる場合

   

産後は下半身の筋肉が硬くなってしまっていたり、筋肉が使えていないことが多くあります。その結果筋肉が動かないため体全体の血液の循環が悪くなり、足の違和感につながることが考えられます。

体のアンバランスが原因となる場合

妊娠から出産にかけてお腹が大きくなることで重心や姿勢の変化が起きてくることで、関節の位置関係がくずれてしまい、筋肉や神経が硬くなってしまったり、動きが悪くなってしまうことで足の違和感につながることが考えられます。

上記の左右の図を見比べていただけると分かりやすいと思います、理想は左側の図に近い姿勢をとれるようになることです。

産後骨盤矯正だけでなく全身の調整が必要です

産後の足の違和感には骨盤の矯正だけでなく、全身の神経、筋肉、関節の調整が必要となります。

産後=骨盤と考えるのではなく体全体の状態をしっかりと考えることが重要です、本日は産後の足の違和感についてでした。

【産後骨盤矯正でダイエット??】産後骨盤矯正、整体を行っている整骨院の院長が考察しました

2022.09.07 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は産後骨盤矯正でダイエットができるのか?というテーマです。

産後の骨盤を矯正するだけで痩せるのか?

普通に考えたら骨盤を矯正するだけでは痩せません。

ではなぜ産後骨盤矯正ダイエットみたいなキーワードがあるのでしょうか?

私も不思議に思い色々探してみたところ、色々なホームページやサイトが出てきたのですが、書いてあることは基本的に全部一緒でした。

・内臓の位置を戻すと代謝が上がる

・骨盤を戻すと代謝が上がる

・姿勢が良くなり代謝が上がる

だいたいこんな内容が書いてあるのですが、

姿勢を正して筋肉が使えるようになって上がった代謝ってそんなに多くないですよね?

そもそもこの理論なら産後骨盤矯正でなくても整体で体を整えたら姿勢は良くなるし、代謝上がりませんか?痩せませんか?と言う話になるのですが、それはどこにも書いていませんでした。

謎は深まるばかりですが代謝が上がると仮定してもいつになったら痩せるの?位時間がかかると思います。

骨盤矯正とEMSやラジオ波の組み合わせは?

これに関してはEMSは私も数年前に自分の院内のEMSをしばらくお腹にかけていた時期がありました。

よく見る「寝ているだけでインナーマッスルが鍛えられる」やつです!

1ヶ月位寝ながら腹筋の収縮のつらさに耐えた記憶があります、1ヶ月かけ続けた結果としては「少しお腹が小さくなったような気もしなくはないけど………」と反応に困る位の感じにしかなりませんでした。

EMSはやはり怪我の後のリハビリや姿勢を正すための補助で使うのが正しい使い方だと思います、正しく使えばとても良いのですが、EMSだけでダイエットは不可能だと感じました。

もう一つのラジオ波ですがこれもダイエットを売りにしている整体やエステサロンなどではよくつかわれていますよね。

これに関しては実体験はないのですが医療用のラジオ波に関しては文献があるそうでかなりの肥満の方に対しては一定の効果があるという報告があるそうですが、あくまでも医療用のものであって家庭用やエステ、整体で使っているものにはエビデンスはないようです。

これは医療脱毛≒普通の脱毛のような感じで

医療機関でしかできない出力等があるようで色々な差があるようです。

骨盤矯正でダイエットは難しい!

結論は骨盤矯正や電気機器で楽して痩せるのはあきらめましょう!!

基本はやはり

・食事

・筋トレ

・有酸素運動

この3つを面倒でもしっかりと継続することです。

減量を目指す場合の大前提は

摂取カロリー<消費カロリー

これが必要になります。

脂肪を1KG落とすのに必要なカロリーは7200㎉必要とされていますので1カ月で脂肪を1KG落とそうとした場合1日で240㎉のマイナスの状態を作ればよいことになります。

食事

最初からガチガチにカロリー計算できない、面倒な場合は間食での糖質摂取をやめる、食事の糖質を減らしたんぱく質に置き換えるなどの簡単なことでもよいと思います。

筋トレ

インナーマッスルのトレーニングも良いのですが、ダイエット、減量を目的とするなら下半身の筋肉や背筋の大きい筋群を鍛えましょう。

大きい筋肉を使うことで代謝が上がらり1日の消費カロリーが自然と増えるのでダイエットの筋トレに最適です、ヒップアップにも良いです。

下半身のトレーニングをすると足が太くなってしまうと心配する女性の方が多いのですが

「そんなに簡単に足は太くできません」

ボディービルをしている方でもかなりの重さをかけた強度の高いトレーニングをして足を大きくしています、ましてや女性の場合は筋肉がつきづらいので大きくするのは難しいです。

それでも「筋トレしたら足が太くなったよ!」という女性のかた!

おそらく余分なカロリーの取りすぎではないかと思います、カロリー収支が合わず脂肪がついているはずです、食べ物を意識してみましょう。

有酸素運動

エアロバイクでもYOUTUBEでも30分くらいでできる運動がいくらでもあります、少し時間を見つけて運動しましょう!

子供がいてそんな時間ないよ!というかた、

旦那さんに子守りをしてもらいましょう!!家事、育児は一人でするものではありません、いくら仕事が忙しくても週に2回30分位なら子守りを任せて時間が作れるはずです。

私の家では40分交代で妻と子守りを交代しながらエアロバイクをこいだり筋トレをしてダイエットしていました、不可能ではないはずです。

面倒なのは最初だけ、頑張りましょう!!

 

本日の結論は楽して痩せるのは難しい!という結論です

ご覧いただきありがとうございました。

【産後の膝の痛みの原因は?】産後の体の変化を考えて原因を解説していきます

2022.09.01 | Category: 産後骨盤矯正,膝の痛み

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

本日は産後の膝の痛みについて解説していきたいと思います。

産後の膝の痛みの原因とは

良く原因として挙げられるのは

・筋力不足

・足の筋肉が硬い

・ホルモンの影響

・体のアンバランス

などではないかと思いますのでなぜ原因となるのかを解説していきたいと思います。

 

筋力不足で膝に痛みの場合

妊娠中は普段の生活よりも運動量が落ちる事で体全体の筋力量が落ちやすくなります、特に切迫早産ぎみで安静に寝ていた期間や入院していた期間が長いとより筋力の低下が大きくなります。

筋力の低下の何が良くないのかといいますと下記の図のような姿勢になりやすくなってしまうためです。

地球には重力が存在するため姿勢を維持するのも筋力が必要となります、筋肉がないと図のように背中が丸くなり、膝が曲がった姿勢になってしまうため膝への負担が増大し膝の痛みにつながってしまうことが考えられます。

足の筋肉の硬さが原因の場合

足の筋肉はほとんどは膝周りの関節、骨と付着しているため筋肉が硬くなってしまうことで関節へのストレスが加わり膝の痛みにつながりやすくなります、産後は立ったり、座ったりすることが多くなるのと赤ちゃんをあやすために縦揺れや、スクワットのような動作を繰り返すことで筋肉が硬くなりやすくなっています。また運動不足も筋肉が収縮しないので硬さの原因となります。

ホルモンの影響の場合

ホルモンがなぜ影響を及ぼすのかというと産後骨盤矯正で調べると大体どこでも出てくるリラキシンというホルモンこれが靭帯を緩めて関節を緩めるために関節の安定性が失われて痛みが出やすくなるというのが理由です。

じつはほとんどどこにも書かれていない理由がもう一つあります。

ママの体の中では妊娠中から出産にかけて女性ホルモンが出ています、これは出産時にピークに高まるといわれています、この放出されたホルモンですが体の中にずっとあるわけではなく代謝されなくなるようになっています、この女性ホルモンを代謝しているのが実は肝臓なんです。

この肝臓がホルモンを代謝して頑張って働いています、ただ肝臓も人の体の一部ですので働き続けると疲れてきてしまいます(医学的に病的にという意味ではありません)この肝臓の疲れが関節の痛みに関係することが考えられます。

その理由は神経にあります、神経は全て吻合し、体の中でくっついていて影響を及ぼしあっています。下の図を見てもらうと分かりますが糸のようなものは全て神経です。

肝臓につながる神経は他の神経と吻合し下半身に行く神経とも関係してきます、そのため膝への影響が出ることが考えられるのです。

体のアンバランスが原因の場合

 

これは筋力不足や筋肉が硬い場合を合わせた状態なのですが、

筋力低下による姿勢不良➡体のバランスが悪くなる➡関節の位置が崩れる➡体を支えるために筋肉が硬くなる➡関節にストレスがかかり痛みになる

このように体のバランスが崩れることで痛みを引き起こしやすくなります。

産後の膝の不調はこのように様々な事が原因で起きやすくなっていますので膝周りの施術だけでは解決しにくいことが分かっていただけましたでしょうか?

本日は産後の膝の痛みについてでした。

【産後骨盤矯正と骨盤矯正の違いとは?】産後の骨盤施術を行っている整骨院が解説します!

2022.08.29 | Category: 産後骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは、ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

新潟県新潟市江南区で産後骨盤矯正や、整体をしていますぐり整骨院の院長石栗です。

今日は産後骨盤矯正と骨盤矯正の違いについて解説していきたいと思います。

 

骨盤矯正のイメージというと

・歪みを整える

・開いた骨盤をしめる

・ボキボキ矯正する

などのイメージをお持ちの方が多いのですがこれは両方の骨盤矯正がごちゃごちゃになってしまっています。これは産後骨盤矯正とうたいながら産後の骨盤の動きとは関係ない矯正をしているお店が多いためごちゃまぜになってしまっているのではないかと思います。

産後骨盤の開きとはなにか

産後の骨盤が開いてるというと下記の図を想像すると思いますが

これは実際に骨盤は方向には開いていません。

ではどの方向に動いているかというと両方の骨盤(腸骨)は図とは真逆

⇦向きに動きます、骨盤の中心方向真ん中にある仙骨という骨の方向に変位しています。

なぜこのような動きをしているかといいますと

出産時には骨盤の下部が開かないと出産時の産道が確保できませんので、妊娠中から骨盤の両側2つの骨(腸骨)が骨盤の中心側(仙骨)に変位していき、真ん中にある仙骨が出産時に前方に倒れこむことによって骨盤下部が開くような仕組みとなっているからです。

このような出産時の骨盤の動きをしっかりと把握して施術を行っていくのが産後骨盤矯正となります。

産後骨盤矯正とは何をするものなのか

産後骨盤矯正とは上述したとおり産後の骨盤のゆがみ(仙骨、腸骨)を矯正していくものになりますが、通常の骨盤矯正の左右の高さ(腸骨の高さ)を整えるわけではなく、産前の骨盤の位置に戻していく施術になります。

①産後1か月までは栄養、休養が必要な休息期間

②産後1~3ケ月は産後の骨盤の変位が元に戻っていく期間

③産後4~6カ月は産後の緩んだ靭帯や筋肉が元に戻っていく期間

として分けて施術を行っていくことが産後骨盤矯正では必要です。

①の期間は矯正や運動は基本的にしてはいけません

②の期間に入りましたら骨盤の位置が戻るのを手助けするように矯正していきますこの期間は下半身、腰回りの筋肉を調整して体を整えていきます、骨盤を機械でガシャガシャ矯正やボキボキ直接矯正するような期間ではありませんので強い力は不要です。

③以降の期間になり骨盤の変位が残っていたら初めて直接矯正を行っていきます。

通常の骨盤矯正とは

通常の骨盤矯正では左右の骨盤の高さ、骨盤のねじれ、足の長さを整える事が一般的です、この矯正は産前、産後関係なくできます。骨盤の左右の高さや、ねじれは日常生活のクセで簡単に出てきてしまいますのでいくら矯正を行っても普段の悪い癖を正さない限りすぐに歪んでしまいますので注意が必要です。

本当は産後の骨盤だけでなく全身が大事

産後骨盤矯正、骨盤矯正で骨盤を整えるのは大事です、でも一番大事なのは全身が整っている事!

骨盤を整えたのに上記のような状態になってしまっていては骨盤を整えた意味は全くありませんので全身が整っていることが一番大切です。

 

本日は産後骨盤矯正、骨盤矯正の違いについてでした。